MODKITのサイトにある基本的なチュートリアルが終わりましたので、オリジナルのアプリ(機構)を作ってみました。自動ドアです。
モーター1個、タッチセンサー1個とプッシュスイッチ2個を使って、人がタッチセンサーに触れるとドアが開いて全開のところをプッシュセンサーで検知して停止。そこで2秒間停止の後、ドアを戻して閉まったところをプッシュセンサーで検知して停止、というアルゴリズムにしています。

fig1

fig2

TOUCH LED関連

fig3

MOTOR関連

オブジェクト指向なプログラミングになりますので、C言語で組み込みのプログラミングをするのとはかなり感覚が異なります。
「○○が、△△したら、××を、◇◇する」というようなブロックを必要なだけ別々に作っていきます。プログラミングブロックを配置するスペースは「××を」の部品ごとにページが分かれていて、C++言語のクラスのようなイメージになっています。
上の例ですと、「プログラムがスタートしたら、TOUCH LEDの色を赤にして点灯する」、「TOUCH LEDがタッチされたら、TOUCH LEDの色を緑にする」などはTOUCH LED(タッチセンサー)のページに、「TOUCH LEDがタッチされたら、モーターを回す」、「BUMPER(プッシュセンサー)が押されたら、モーターを止める」などはMOTORのページに記載します。
この程度のものでも期待どおりに動くとうれしいですね。