米国Innovation First社が販売する教育用ロボットシステムVEX-IQを入手しました。簡単に言うとLego Mindstormsに似たロボットシステムで、ブロック部品を組み立てプログラムして動かすことができます。グレーと青を基調とした渋い色使い、各種センサーとモーターを任意に接続できる12個のポートを持つコントロールボックスなど、玄人好みの構成となっています。今回入手したのは「Starter Kit With Sensors」というセットで$249.99+送料でした。
まずは基本となる台車を組み立てます。
20150305_125231
衣類ケースのような大きめの箱に収められています。

20150305_125351
中身は組み立てガイド、部品表などが3冊、あとはすべて部品です。割と無造作なパッケージングです。

20150305_131830
取説にしたがって最初のロボット「Clawbot(ハサミムシロボット)」を組み立てていきます。説明は英語で書かれていますが、絵をみればわかるので英語がわからなくても全く問題ないでしょう。グレーの四角いものがモーターボックスです。これはエンコーダーを内蔵しておりさらにサーボ的な使い方もできるようです。

DSC002790
とりあえず最小限の部分が完成です。左右の後輪がモーター出力に直結、前輪は後輪からギアで駆動(減速比1:1)されます。初めてだったので部品さがしに手間取りながらもここまで20〜30分だったと思います。部品と部品の結合はスナップフィット(パッチン止め)のピンで行いますので組み立ての感触は良好です。
次回プログラムして動かします。