座標の仕組みがわかったところで画面に点を打ってみます。第1章のときと同様に「BlocklyCreator」でプログラムを作成してください。「文字列を描画」ブロックの代わりに「点を描画」ブロックを使います。

図2-3  点を描画 プログラム

パソコンと「My Game」ボードをマイクロUSBケーブルで接続し、「Arduino IDE」を起動します。「Copy Code」ボタンでソースコードをコピー、「Arduino IDE」に貼り付け、「矢印ボタン」でボードにアップロードして確認しましょう。

 

XとYの値をいろいろと変えて座標と画面上の位置を確認してください。

図2-4  点(64,32)を描画

インデックス
2-(3)直線を描こう