それでは「My Game」ボードにこのプログラムを書き込んでみましょう。Micro-B USBケーブルでパソコンと「My Game」ボードを接続します。

図1-21  ArduinoIDE設定

デスクトップのアイコンをダブルクリックして「Arduino IDE」を開いてください。メニューの「ツール」を開き、「ボード」を「Arduino Pro or Pro Mini」に設定、プロセッサを「ATMega328P(3.3V, 8MHz)」に設定します。また「シリアルポート」でボードがつながっているポートを選択します。ポートの番号はそれぞれで異なります。

 

次に「BlocklyCreator」上で「Copy Code」ボタンをクリックすると、生成されたArduino用のソースコードがパソコンのクリップボードにコピーされます。これをArduino IDEに持っていき、すべて上書きで貼り付けます。(Arduino IDE画面を一度クリックしてから、Ctrl+A(すべて選択)→  Ctrl+V(貼り付け)でもOKです。)

図1-22  ソースコードを貼り付け

Arduino IDEの矢印ボタンでプログラムを「MyGame」ボードに書き込みます。ファイルの保存について聞かれますので「chapter1」などの名前で保存してください。

図1-24のように表示されれば成功です。

 

ここでいったん中断する場合は、「BlocklyCreator」画面上部の「Save XML」ボタンを押して「chapter1」と名前を付けて保存しておきましょう。「xml」という拡張子がつきます。次回開くときは、「Load XML」ボタンです。

図1-23  プログラムを書き込み

図1-24  実行画面

図1-25  プロジェクトを保存

インデックス
2-(1)座標を知ろう