mechatronics / robotics
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 電子工作

電子工作

BLEモジュール RN4020を試す

簡単にBLEを使えるモジュールとしてmbed HRM1017やBlendMicroがありますが、値段がお高いので躊躇してしまいます。microchipのRN4020はマイコンが付かない代わりに値段が8ドル程度とお安くなっ …

BLEND MICROを試す

iPhoneからBLEで自作機器をコントロールする案件で、MBED HRM1017が売り切れで入手できなかったので代わりとなるものを探したところBlend Microなるものを見つけました。Arduino互換のBLE受信 …

LPC11U35 WAVE再生でノイズ発生

SDカードのWAVE音声をPWMで出力する、というのをLPC11U35でmbedの開発システムを利用して行いました。音声は8bit/16k/monoです。PWMは192kHzで、16kのひとコマに12周期はいる感じです。 …

Raspberry Piで遠隔カメラ(2)

iPhone側のプログラムです。やっていることは、 ・web viewにRaspberry PiのIPアドレスを設定してカメラのストリーミング画像を表示 ・CMMotionManagerでiPhoneの姿勢(Pitch/ …

Raspberry Piで遠隔カメラ

Raspberry Piを使って遠隔映像監視の実験をしました。当初ネットの情報をあさったのですが、以前購入した「Raspberry Piで学ぶ電子工作」の書籍をぱらぱらとめくっているとほぼそのままの例が載っていることに気 …

PIC18F14K50で状態変化割り込み

秋月電子で見つけたPIC18F14K50搭載の小型マイコンボードを小さなメカに組み込もうと思いまして、赤外リモコン受信用に状態変化割り込み(interrupt on change)を使おうとしたのですが、なかなかうまくい …

シフトレジスタでマトリクスLEDを表示

シフトレジスタ(74HC595)2個を使って5×7ドットマトリクスLEDの表示を行ないました。マイコンからの配線が3本で済むのが利点です。74595のQ7Sという端子を次の素子の入力につなぐことで(図の短い黄色 …

MPU-6050 YAW軸ジャイロのドリフト

車輪ロボットのナビゲーション用にジャイロの利用を検討していますが、価格の安いMPU-6050を使ってみました。MPU-6050にはDMP(Digital Motion Processor)が搭載されていて、ユーザーが複雑 …

arduinoのPROGMEM

Arduinoで大量の配列データを扱いたくてPROGMEMを使ったのですが、取り出したデータをdouble型にキャストするところでマイナスのデータが異常値になりました。互換基板でシリアル出力できない環境でしたので、しばら …

L3G4200Dでロボット方向制御

以前地磁気センサーHMC5883Lを使ってロボットの方向制御を試しましたが結果はいまいちでした。 今回はジャイロセンサーを利用してみます。素子はPololu.comのimu01aという基板に載っているL3G4200Dとい …

Page 1 / 212
PAGETOP
Copyright © Meuse Robotics All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.